新着情報・トピックス

プレスリリース

2016年8月1日

RE-CARE JAPAN - リハビリ・介護産業展2016 - トーテックアメニティ出展

トーテックアメニティ株式会社(本社:名古屋市西区、社長:坂井幸治、以下当社)は、8月2日(火)から東京ビックサイトで開催される【 RE-CARE JAPAN - リハビリ・介護産業展2016 -】に出展します。
この展示会は、超高齢社会となった日本において、地域包括ケアシステムに代表される現状と課題に対し認識を深め、解決策や情報交換の場となるべく開催される、介護予防・高齢者リハビリ・介護施設向け設備・機器・サービスの専門展です。
システムインテグレーターとして、介護・福祉システムの開発や附随するネットワークインフラの設計・構築を行ってきた当社は、産学連携の「超高齢社会まちづくりパビリオン」にて、「見守りライフ」 を出展し、セミナーやデモンストレーションを行います。
「見守りライフ」 は、被介護者の状態をリアルタイムで確認可能な仕組みで、介護ケアサービスへ新たな価値を与えられるものと自負しております。どうぞご期待下さい。

「RE-CARE JAPAN - リハビリ・介護産業展2016 -」について
  • 主催:RE-CARE JAPAN 実行委員会
  • 後援:
    (公財)日本レクリエーション協会/(一社)日本作業療法士協会/(公財)テクノエイド協会/(一社)シルバーサービス振興会
  • 日時:2016年8月2日(火)~2016年8月4日(木)10:00~18:00 ※最終日は16:00終了
  • 会場:東京ビックサイト(東京都江東区有明3-11-1)
  • 参加費:無料(事前登録による)
  • 公式サイト:「リハビリ・介護産業展2016」http://www.re-care.jp/へ移動します。
「超高齢社会まちづくりパビリオン」について(出展小間番号:4H-349)

東京大学高齢社会総合研究機構を中心とした、産学連携の共同出展パビリオンです。
トーテックアメニティは「見守りライフ」 の出展、及び講演を行います。
トーテックアメニティ講演時間:13:00~13:30【 2日(火)、3日(水)の2日間のみ 】

「見守りライフ」 について 

ベッドに取り付けたセンサにより、介護スタッフや御家族の方が被介護者の状態をリアルタイムで確認可能な仕組みです。
いち早く状態変化に気付くことで、転倒予防のための離床予知が可能であり、日々の生活リズムパターンに加え、体重やバイタル情報(脈拍、呼吸)の蓄積から、健康見守りにも活用出来ます。


見守りライフ 【 ロゴイメージ 】
「あなたを見守る」という花言葉を持つデュランタをモチーフに、優しく見守るイメージの曲線と文字、ピンク色でデザインしました。
◆製品紹介ページ 「見守りライフ」

報道機関お問い合わせ先

トーテックアメニティ株式会社 経営管理本部 事業支援部 広報担当・市川
〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー7F
電話:052-533-6917
メール:shien_group,totec.co.jp

過去のプレスリリース・お知らせ記事一覧(2016~2018年)