最新の事例紹介

画像

検証サービス 導入事例

テスト自動化で
スピードが求められる開発の
ボトルネックを解消

情報通信業 様

概要

Robot Frameworkを活用してアジャイル開発における回帰テストを自動化しました。いつでもテストを実施できる環境を提供することによって開発のフローを改善し、フィードバックループを加速させることに成功。安心してアプリケーションに変更を加えられるようになっています。また、テストの自動実行についてメンテナンス性を考慮した実装を行うことで、テストエンジニアの時間をより良いテスト活動に充てることが可能になりました。

  • 【問題点】
    画像
    • アジャイル開発にテスト自動化は必須
    • 手作業による回帰テストの業務負荷が増大
    • 知見が不足していたため内製によるテスト自動化を断念
  • 【解決策】
    画像
    • お客様に最適なテスト自動化ツールを選定
    • Robot Frameworkを活用してテストを自動化
    • お客様が容易にメンテナンスできる環境を構築
  • 【導入効果】
    画像
    • 回帰テストにかかっていた工数を最小化
    • チームが開発に専念できる時間を拡大
    • 安心してアプリケーションに変更を加えることが可能に

背景

今回のお客様は、ICTサービスを幅広くカバーする情報通信事業者として、Webアプリをアジャイルで開発・運用しているプロジェクトチームです。スピードと柔軟性が求められるアジャイル開発においては、テストの自動化がほぼ必須となりつつあります。お客様のチームは卓越した開発力を持つメンバーが揃っておられましたが、テスト自動化に関する知見があまりなかったため、実際に自動化に取り組んでみたものの、上手くいかずに断念することとなりました。手作業よりも短時間で実行できる自動テストですが、メンテナンスに時間がかかるため、工数が膨らみすぎてしまったことがその要因です。

そこでお客様は、よりメンテナンス性の高い自動化スクリプトを求めてテスト自動化の取り組みを外部に依頼することに決め、トーテックアメニティにお声がけいただきました。

解決策

当社検証サービス部では、実際にどのようなテストが行われているのか、そこにどのような課題が発生しているのかなどを詳しくヒアリングしました。テスト自動化ツールの選定も含めて外部委託したいとのご要望もあったため、ヒアリングの内容を吟味した上で、お客様に適したテスト自動化ソリューションとして「Robot Framework」をご提案しました。

Robot Frameworkは、オープンソースとして広く利用されているテスト自動化フレームワークです。当社検証サービス部でも多数の利用実績があり、十分な経験とノウハウを蓄積しています。

テスト対象となるWebアプリは、フロント側のデザイン変更が頻繁に行われるため、テストスクリプトの継続的なメンテナンスが開発チームの大きな負担となります。当社検証サービス部では、テストスクリプトにおいて変更に合わせて修正すべき箇所を明確化するとともに、可読性の高いキーワード駆動方式を中心としてテストケースを実装。お客様サイドで容易にメンテナンスできる環境を整えました。

画像

導入メリット

Robot Frameworkによってテストを自動化し、メンテナンスしやすい環境を整えることで、回帰テストにかかる工数は無視できるくらいに削減することができました。プロジェクトチームは、開発業務そのものにより多くの時間を割けるようになり、また安心してアプリケーションに変更を加えることができるようになっています。

またお客様は、チーム全員が何でもできるようになることをめざす非常に意欲的な開発チームで、テスト自動化についても知見を広げたいとのご要望がありました。当社検証サービス部では、テストスクリプトの設計思想の共有やお客様を交えてのプログラミングといった機会も提供し、お客様のスキル向上にも貢献しています。

お客様情報

情報通信事業者 様

担当業務
  • テスト自動化ツールの選定
  • テスト自動化環境の構築
担当部署

検証サービス部

参考情報
検証サービス事業 https://www.totec-validation.jp/

資料請求、見積依頼、各種お問い合わせはこちらから