最新の事例紹介

高齢者見守りシステム『見守りライフ』 導入事例

求めている仕組みは、とてもシンプル。
「見守りライフ」はそんな希望に合っています。

介護老人保健施設 大田ナーシングホーム翔裕園 様

  • お客様の声
  • 基本情報
お客様の声
お話を伺った方
  • 人物 (社福)元気村グループ
    永尾マネージャー
  • 人物 (社福)長寿村
    介護課  加藤課長
  • 人物 (社福)長寿村
    杉尾事務課長
正確で、一目でわかる仕組みを求めて

見守りについて以前から様々なセンサを使ってきましたが、カーテンがセンサに触れただけでも反応してしまうなど、その感度には不満を感じていました。
現場のスタッフは「ご利用者から目を離すと、0.1秒でベッドから落ちてしまう」という緊張感をもってケアにあたっています。当然ながらスタッフはセンサが反応すれば急いで駆けつけますが、その反応が正確でなければ無駄な行動になってしまいます。
当時使っていたセンサは、反応を音で知らせるタイプだったので、ご利用者毎に音を切り替えて使っていました。その音で寝入ったご利用者が起きてしまうこともありましたし、ご利用者毎の音の聞き分けはベテランスタッフでないとなかなか難しかったんです。

「見守りライフ」を知ったのは、介護業界向けのイベントでの紹介でした。
センサの反応スピード、正確性、そして、介護業界未経験のスタッフや、日本語の習得が浅い外国人技能実習生でも一目でご利用者の状況が分かるアイコン表示、これらが導入の決め手となりました。

  • イメージ
  • イメージ
事故予防からトータルケアへ

車輪止めのようなセンサは、居室に馴染んでいて、ご利用者もご家族も全く気付いていない様子です。
また、管理画面はアイコン表示ですので、見守りにつきまとってしまう「監視」といったイメージはスタッフを含めて皆無ですね。
現在は、ベッドからの転落リスクが高いご利用者の方を優先に設置していますが、動き出しから検知できる「見守りライフ」は「事故の未然防止に役立つ」とスタッフの安心感を高めています。

実は、私どもでは「見守りライフ」を、ご利用者がお元気なうちからの活用も視野に入れているんです。
例えば、短期的なご利用者や初めて介護施設を利用する方など、まだ切実な介護は不要で、スタッフとの距離が縮まっていない方の生活パターンを把握するためにお使いいただく形です。
個々の生活リズムのパターンに合わせてスタッフがフォローできるようになれば、より効率的でご利用者に寄り添ったケアが可能になりますし、特に夜間帯のデータ収集からは、日常生活からは把握しづらい重要事項が隠れていることが多々ありますからね。

  • イメージ
  • イメージ
機能は分かりやすくシンプルに

私どもはIT機器の導入には積極的で、タブレット端末も導入済です。
あるIT機器を使い始めると、それを使うことで業務の余裕を生むことができるのか否か、肌感覚で分かりますよね。「見守りライフ」はその典型で、使ってみると見守りに関わる時間と気持ちに余裕ができます。その余裕から、スタッフ間で「よりご利用者とのコミュニケーションの時間にあてよう」という動きが生まれている程です。

こうした効果を示した上でもなお、新しい機器に抵抗感を持つスタッフもいますので、やはりシンプルさは譲れません。 様々な付加価値を持った新しい仕組みを動かせるスタッフもいますが、その仕組みを動かせるスタッフと動かせないスタッフの違いが生じてしまうのは避けたいです。
また、見守り用センサに関しては、機能追加によってセンサ感度や反応速度が遅くなってしまい、見守り自体がおろそかになってしまっては本末転倒です。

  • イメージ
  • イメージ
グループ全体での導入推進とこれからの期待

改善点としては、先日、大型台風による浸水被害に備えて「見守りライフ」を設置したベッドの移動を行った時に、配線処理の煩雑さを感じました。計器そのものはベッドに備え付けでも良いかもしれませんね。
コントローラについては、年配のスタッフでもお孫さんとSNSでやり取りしていると聞きますので、年配の方向けのスマートフォンのようにもっとシンプルなものでも充分だと思いますし、介護ソフトとの連携も嬉しいですね。
私どもでは、見守りライフは「シンプルで分かりやすく、誰でも使いこなせて、必要な機能が高い精度で備わっている」として、グループ全体での導入推進を行っています。
グループ間の横のつながりから、活用方法などのアイデアを交換しあうようなスケールメリットも生まれると期待しています。
もちろん、トーテックアメニティさんの製品開発やサポートにも期待していますよ。

  • イメージ
  • イメージ
担当者より

「見守りライフ」の高評価と、グループ様全体での導入推進を行っていただき、誠にありがとうございます。その高評価に恥じぬよう、介護業界の人手不足を補う一助となる、また、新人さんや外国人人財といった業界キャリアが浅い方にも分かりやすい、よりシンプルで的確な仕組みを提供してまいります。

トーテックアメニティ担当者
トーテックアメニティ株式会社
ネットワークソリューション事業部 スマートコミュニティ事業推進室
  • 人物 安藤
  • 人物 町田

この案件の基本情報

基本情報
お客様情報
大田ナーシングホーム翔裕園 様
外観 質の高いサービスを提供し、
地域に必要とされ愛される施設を目指します。
名称 社会福祉法人 長寿村 介護老人保健施設 大田ナーシングホーム翔裕園
住所 東京都大田区東六郷1-12-11
事業内容 ・介護老人保健施設:100名
・ショートステイ:空床利用
・通所リハビリテーション:35名
・訪問リハビリテーション
※併設施設にて提供
特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービス、知症対応型デイサービス、居宅介護支援事業所
開設日 平成16年4月
URL https://www.chojumura.or.jp/ota-n/
導入ソリューション
高齢者見守りシステム 見守りライフ
見守りライフロゴ ベッドセンサ・サーバ・ソフトウェアで構成する、高齢者見守りシステムです。複数の利用者の状態をリアルタイムで確認できることから転倒予防のための離床予知が可能となり、また、利用者の生活リズムやバイタル情報を蓄積することで健康見守りとしても活用できます。
トーテックアメニティ担当業務
  • システム提案、プランニング・導入(運用教育含む)
  • 運用・保守サポート …など
担当部署
ネットワークソリューション事業部 スマートコミュニティ事業推進室
参考情報
製品・サービスに関するお問い合わせ
資料請求、見積依頼、製品・サービスに関する各種お問い合わせはこちらのフォームから承っております。 製品・サービスお問い合わせフォーム