最新の事例紹介

高齢者見守りシステム『見守りライフ』 導入事例

大切な現場感覚 &「見守りライフ」の活用で
理想的な見守りを

老人保健施設 国見ナーシングホーム翔裕園 様

  • お客様の声
  • 基本情報
お客様の声
お話を伺った方
社会福祉法人 元気村
老人保健施設 国見ナーシングホーム翔裕園
介護課 本田様
人物
多様性のあるセンサを求めて

当園では、以前からご利用者の状況把握のために様々なタイプのセンサを使ってきました。
それぞれに特長はあるものの、ベッドセンサの場合「起き上がり」を検知するなら背中面に、「端座位」を検知するならベッドの端に…というように、それぞれの検知範囲に応じての設置が必要でした。
もっと多様性があるセンサはないものかと検討していたところ、グループ本部から「見守りライフ」の紹介を受けました。
「見守りライフ」は「動き出し」「起き上がり」「端座位」「離床」が分かるという、私が求めていた多様性のある機能を持っていました。
また、センサを使った見守りシステムについては同じ介護業界の仲間からその内容を耳にし興味をもっていたこともあり、説明会やデモンストレーションを受け入れ、価格も他社と比較して安価だったことから即導入となりました。

  • イメージ
  • イメージ
ご利用者の快適性の向上とスタッフの負担軽減の両立

以前に使用していたセンサは、眠っているご利用者がベッドから無意識に足を出しただけでも反応し、その反応でスタッフが訪室していましたので、ご利用者の安眠を妨げてしまう場合もありました。
「見守りライフ」であれば、まずは画面で状況を確認できますので、ご利用者のご迷惑となるような訪室は明らかに減少しています。
センサ利用の第一目的は、転倒リスクが高いご利用者へのケアです。「見守りライフ」は、個々のリスクの大小に合わせてセンサ反応感度の設定ができるため、スタッフはより的確で無駄のないケアができるようになりました。
こうした「安心・安全」に加えて、センサがベッドの脚についていてあからさまな「センサ装着」といった違和感がなく、プライバシーが確保された上での見守りですので、ご利用者のご家族にも好評なんですよ。

  • イメージ
  • イメージ
多様性から活用範囲の可能性に期待

ご利用者のADL(日常生活動作)でセンサ感度を設定できることを非常に評価していますが、睡眠時間の統計データが蓄積されることも気に入っています。
個々のご利用者の睡眠パターンや排泄パターンの目安にもなり、ご利用者のある動きが日常的なものなのか、それとも何か異常を知らせるものなのかの判断の助けになります。特にスタッフの少ない夜間では、当直スタッフの不安解消にも役立っているようです。
勉強会などで、他の施設の方へ「見守りライフ」を紹介する機会もあるのですが、皆さん興味津々で聞いてくれますよ。

  • イメージ
  • イメージ

「見守りライフ」は最大5年分のデータ蓄積が可能と聞いています。データを比較・分析することで、個々のご利用者に最も適したケアが見つけられるかもしれません。
ただし、いかに「見守りライフ」が信頼できるとはいえ、人と人が接する介護現場ではシステムに頼りすぎるのは当然ダメで、スタッフの「現場感覚」がとても重要だと思います。動きの効率化やデータ管理の核として「見守りライフ」を活用しながら、個々のスタッフが現場感覚を大切にスキルアップを続けて、最も適したケアを行っていく…それが理想の見守りかもしれませんね。

リアルな現場の声を届けています

「見守りライフ」自体の不具合はほとんどないですが、現場で使い続けていれば「こうしたらもっと使いやすい」と思う改善点は見えてきます。
例えば、センサにつながる配線の処理です。掃除がしづらいのと、利用居室の移動時には手間と時間がかかります。多少のコツは必要だと思いますが「すぐに使いたい!」といった時などは特にコードレス仕様の方が嬉しいですね。あと、通信機器のエラーコードについては「〇〇の接触不良」など、具体的に分かると良いなと思います。
こうした「ちょっとした不満」も、トーテックさんは真摯に聞いてくれます。特にこちらからの相談に対する素早い反応は満足度が高いです。 現場の声を反映していきながら「見守りライフ」がどんどん進化する日も近いように思い、期待しています。

  • イメージ
  • イメージ
担当者より

この度は「見守りライフ」について高い評価をいただきましてありがとうございます。
増設を承り、より一層ご活用いただくなかで、国見ナーシングホーム翔裕園様が理想とする「見守りシステム」に少しでも寄与できるよう、改善を目指したいと思っています。
もちろん、きめ細かなサポートも引き続きお任せください。

トーテックアメニティ担当者
トーテックアメニティ株式会社
ネットワークソリューション事業部
スマートコミュニティ事業推進室
 町田
人物

この案件の基本情報

基本情報
お客様情報
国見ナーシングホーム翔裕園 様
外観 地域老人福祉の向上と利用される高齢者の方々に貢献すべく、「元気村」は設立されました。地域社会福祉の一端を支える理想の福祉施設として私たちは「より家族主義」を理念としてサービスを提供していきます。
名称 社会福祉法人 元気村 老人保健施設 国見ナーシングホーム翔裕園
住所 宮城県仙台市青葉区国見6丁目84番1号
定員 ・指定介護老人保健施設:100床
・指定短期入所療養介護:空床利用
・指定通所リハビリテーション:30名
・指定訪問リハビリテーション
・指定居宅介護支援事業所
開所年月日 平成9年5月1日
URL https://www.genkimuragroup.jp/genkimura/kunimi-nh/
導入ソリューション
高齢者見守りシステム 見守りライフ
見守りライフロゴ ベッドセンサ・サーバ・ソフトウェアで構成する、高齢者見守りシステムです。複数の利用者の状態をリアルタイムで確認できることから転倒予防のための離床予知が可能となり、また、利用者の生活リズムやバイタル情報を蓄積することで健康見守りとしても活用できます。
トーテックアメニティ担当業務
  • システム提案、プランニング・導入(運用教育含む)
  • 運用・保守サポート …など
担当部署
ネットワークソリューション事業部 スマートコミュニティ事業推進室
参考情報
製品・サービスに関するお問い合わせ
資料請求、見積依頼、製品・サービスに関する各種お問い合わせはこちらのフォームから承っております。 製品・サービスお問い合わせフォーム