採用情報RECRUIT

アプリケーション開発エンジニアコース受講生 対談
きっかけは色々。やる気も憧れも不安も、万全の体制でサポートしてくれる。

なぜアプリケーション開発エンジニアになろうと思ったか?

司会
まずは、IT系のアプリケーション開発エンジニアを目指そうと思った理由などを教えて下さい。
Y・S
私はどちらかというと本を読んだり勉強をすることが好きで、新しい知識が頭にキュンキュン入ってくる感覚が大好きなんですよね。
IT業界は技術の進化が早くて、日々勉強しなきゃいけないと感じたから、アプリケーション開発エンジニアは自分に向いていると思ったんです。
E・K
私は以前の職場が製造業なんです。例えばエクセルのマクロを使って他の方の入力手間を減らしたり、原価低減のアイデアを出したりすることで、顧客、仕入先、自社、全部がWin-Winになったり、ある課題が解決されることが嬉しくて。職場が大好きだったから「もっと事業の根本的なところで関わりたい」と思った時にITがありました。
あと、当時の上司が「若いうちから自分のスキルアップやキャリア形成を考えた方が良い」とアドバイスを下さって。
自分に何が向いているか分からなかったけど、好きなことや関心のある分野を考えたら、やっぱり「もの創り」でした。そこから「もの創りを支えるエンジニア」という答えが見つかりました。
Y・S
私も、「どこでもいつでも通用するスキル」という意味で、エンジニアというキャリアは良いと思いましたね。
どんな仕事でも、日々勉強には違いないし、特定の業界や社内だけしか使わない業務知識も必要。
でもそれらに加えて、エンジニアは「自分の身にスキルがつく」というところに魅力を感じましたね。
対談

なぜトーテックアメニティを選んだのか?

司会
トーテックアメニティ以外でも、未経験者をエンジニアに育成する会社はありますが、当社を選んだのはどうしてですか?
E・K
私は新卒でないと新しいスキルにチャレンジするチャンスはないと思っていたんです。だからトーテックアメニティを転職サイトで見つけた時に「既卒で未経験の私には、これはチャンス」と思いました。でもやっぱりエントリーする時はちょっと勇気がいったから、研修制度がしっかりしていることが一番でしたね。
Y・S
既卒の未経験者向けに、研修をアピールポイントする会社さんはいくつかあったんですけど、実際に問い合わせてみると短期間だったり、自学自習中心だったり。そんな中、トーテックアメニティは基本から講師がしっかりついてくれると知りました。
私はパソコンもあまり扱ったことがなかったので、同じ様に未経験からエンジニアになった先輩社員のインタビューを読んで「挑戦してみよう」と決意を強くしました。
E・K
あと私は、アウトソーシング中心の会社もIT業界では多い中で、私はトーテックアメニティが自社開発を行っているのも大きかった様に思います。アウトソーシングの「プロジェクト毎にお客様先で仕事を行う」ということが、まだ想像がつかないこともありますね。
対談

実際に入社してみて研修中に感じたことは?

司会
実際にトーテックアメニティに入社してどうでしたか?
Y・S
良い意味で自由だなと思いました。
あと、私は所属部門のトップの方から「しっかり頑張ってスキルを身につけて下さい」と励ましていただいたことが嬉しかったです。皆さん、仕事は熱心にしていて、仕事から離れると、クスッと笑いが漏れる様な穏やかな雰囲気ですよね。
E・K
和やかで、私達を歓迎してくれていることを感じます。私達以外にも中途入社が多いからか、「会社や研修に慣れた?」と声をかけてくれる方も多いんですよ。
私が嬉しかったことは、福利厚生制度のベネフィットシステムで野球観戦チケットが当選したことです。前の職場でも制度自体はあったけど、内容を知ってる人が少ない印象だったんです。トーテックアメニティでは何か新しい募集が始まると一斉にメール配信がされたり、社内インフォメーションに案内が常時公開されていたりして、とても使いやすい様に思います。
Y・S
そういえば、ベネフィットに英会話講座やヨガもあったよね。
2人で申し込んだ英会話は定員いっぱいで受講できず残念だったけど、勉強したい人にはバックアップが整っているんだなと改めて感じました。
対談

講師のこと、研修のこと

司会
講師や研修の様子について教えて下さい。
E・K
「JavaとSQLはアルファベットを使うから英語と同じで取り組みやすいかな」と思ってたんですけど、全く違う言語だし大変は大変です。先日も、研修中に自分で記述したら、思い通りに動かなくて。「なんで?!」と原因が分からずパニックになってたら、講師から「sが抜けてるよ」と声がして。この一言で解決しちゃう程、本当に基礎から一から学ばせてもらっています。
Y・S
二人ともパソコンに向かってブツブツ呟くことが増えたよね(笑)
新卒研修だと20人近く社員がいると聞いたんですが、未経験者採用は少人数です。今回は私達2人だから、私達の間に講師が座って、つきっきりで基礎の基礎から教えてもらっています。
ある時、テキストで理解できない箇所があって「講師に聞こう!」と思って準備して。改めてテキストを開くと、講師に聞く前に理解できて。講師が近くにいる安心感なのか、不思議なことが起きたと驚いちゃいました。
対談

これからのこと、そして、これからアプリケーション開発エンジニアを目指す人に

司会
研修修了後の目標と、これからエンジニアを目指す方へのメッセージをお願いします。
Y・S
私は自分が納得しないと前に進めないから、私が選んできた過去に後悔はしていないんです。
「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」、心に残っているこの言葉通り、他人と比べてもしょうがないし、自分にしっかり自信をもつことが大事と思うからです。だから、今はしっかり学んで「あなただから、この仕事は任せたい」と言われる様になりたいと思っています。
アプリケーション開発エンジニアに関心があっても「未経験だから」「女性だから」という理由で不安に思ってる方がいるのであれば、「サポート体制万全のトーテックアメニティなら大丈夫」と伝えたいです。今すぐ飛び込んできて下さい!
E・K
私は前職が大好きで業務に没頭した反面、プライベートが疎かになってしまったことを反省しているんです。だからからか、仕事だけでなくプライベートも決断が大事だと、実業家の方の「Change before you have to(変わりなさい、迫られる前に)」という言葉が、ずっと心に響いています。
目標は大好きな製造業を支えるシステムに携われるようになることです。
私は、入社した当初はとても緊張していたけれど、皆さん、良い人ばかりで、今はリラックスして研修に打ち込んでいます。これからアプリケーション開発エンジニアを目指す方には、「トーテックアメニティなら、自分らしく肩の力を抜いて挑戦できる」と伝えたいです。
対談

( 記事内容はすべて取材時のものです )

対談&座談会  一覧