トーテックアメニティ株式会社

エンジニアリングサービス事業名古屋開発センター

トーテックアメニティの技術開発支援 2017年8月に、名古屋市の本社から徒歩5分の場所に「名古屋開発センター」を開設しました。
持ち帰り請負業務の拠点として、機械設計、電気・電子設計、組込みソフトウェア開発エンジニアが常駐し、その業務にあたっています。

総合エンジニアリング会社への進化
  • JOC1
  • 当社は総合エンジニアリング会社への進化を推進しています。
    そのための方策として、当社は請負事業のさらなる拡大を進めています。その核となるのが名古屋開発センターの業務であり、当社の技術ノウハウの蓄積や若手エンジニアの育成、社員間の技術交流やコミュニケーションの活性化が、総合エンジニアリング会社への原動力になると考えます。
常駐エンジニアと連携した「持ち帰り請負業務対応」
  • JOC2
  • 当社エンジニアリング事業の強みは、お客様と信頼関係を築いた優秀なエンジニアが、お客様先に常駐し業務を遂行していることです。
    そしてその常駐エンジニアは、お客様と名古屋開発センターとの懸け橋(ブリッジエンジニア)ともなります。
    この強みを活かし、常駐エンジニアが名古屋開発センターと連携し、お客様繁忙期における業務負荷に応じ、持ち帰り請負業務としてお客様業務の一端を担うことも可能です。
万全のセキュリティ
  • JOC3
  • 当社では「情報セキュリティ基本方針」を掲げてISO27001を認証取得し、また「プライバシーポリシー」を掲げてプライバシーマーク(Pマーク)を認証取得しています。
    こうした全社的な情報セキュリティマネジメントに加え、名古屋開発センターでは一段上の対策を行っています。例えば専用ICカードの導入です。該当フロアへの入室と退出を記録管理することで、業務関係者以外の立ち入りを防ぐ方策をとっています。